怪我とリハビリで回復するまでの個人的な体験

足や腕を怪我するとそれで長い治療をすることがあります。私が体験したのが自転車の転倒で怪我をしてリハビリを受けるまでの流れです。リハビリは難しいものではなかったですがとにかく時間が必要でした。
リハビリを受ける前は杖を使って歩いていたのでそれも辛かったです。私は怪我をした足を治したい気持ちがあって直にリハビリをしました。

医者のアドバイスがあって絶対に無理をして悪化させないことが条件でした。
自分の足が回復するまでは何カ月も必要だったのでストレスが大きかったです。しかし家族が一緒にリハビリをしてくれて精神的には落ち着けました。

怪我した足のイメージ

時にはストレスでリハビリを止めたくなりましたが治療のために挑みました。
私は足が痛かったので色々な相手からマッサージを受けたことも覚えています。相手はプロで本当に足の痛い部分を軽くしてくれて助かりました。

このマッサージのアイデアは家族のものでお勧めしてくれて良かったと思っています。
足が元気になるとリハビリも終わって普通に生活できる状態でした。その時は以前にリハビリをした成果が出ていたので問題なく生活が可能でした。私はここでリハビリの重要性や諦めないことが必要だと思いました。

今でも考えているのがリハビリにマッサージが効果的な事実です。私は最初はそういったマッサージを受けないつもりでしたが結果は違いました。マッサージで楽になって歩く練習をすると非常にスムーズにできたのです。
こういった出来事があったので今は怪我をしない安全な日常を目指しています。